2月・3月になると野菜は端境期になり、ジャガイモや玉ねぎでさえ古くて芽が伸び出すものか、温室で作った早出しのものになりますね。
玉ねぎは放射線を当てて芽がでないようにしたものが出回りますが、これは怖くて、最近はなるべく買わずに料理を作ります。しかもこれは実が固くしまっていて、とても辛い。

普通の玉ねぎを買って、新聞紙でくるみ冷蔵庫の野菜室に入れておいても、少しするうちに玉ねぎは芽を出し、伸ばし、玉はしぼんでいってしまいます。

私はこれをいつもとても不思議に思います。
暗く冷たい場所に居て、玉ねぎはどうして春の到来を知るのか?
確かに外では菜の花やニラ花が咲き、強い春風が吹いています。日も長くなっています。
でも冷蔵庫の中で、日射や温度もなく、この玉ねぎはどうやって春を知るのか。

いつも上の緑の葉を使うしかなくなった玉ねぎを手にして、春の女神の呼び声は、どんな暗いところにいるものにも ちゃんと届くのだなぁと感動するのです。
収穫されてからある程度すると、芽はでるものなのかもしれませんけれど・・。