強い冷え込みに、日中でも日陰の場所では草が凍っています。年末に植えたスミレも、朝は凍っていました。1月から低温の、この冬を越すのは大変そうです。

毎回の投稿で書いていますが、何度書いてもやっぱり”ただ”の人に戻ってしまいます。
家族のことは、足をすくわれます。気持ちが焦り、いらいらしている自分を感じてトーシャの本を開きました。

「扉をドンドンと叩きつづけないでください。
叩くのをやめて、ひらくまでおまちください。
これで充分じゃない?」

はい。確かに。問題はすでにゆだねました。来るべきものは必要なら必要なタイミングにやって来る、と信じて待つのです。それが大切なのでした。

「最愛の神よ、私を変えてくださいーーこだわるのをやめ、結果を追いかけまわすのをすんなりやめる者に。あなたが正しいタイミングで神聖な結果をもたらすと知り、あらゆる必要性を捧げさせてください。どうかあなたが完璧な行動を示し、毎瞬道を案内してくれますように。私はみずからをひらいて受けとるに値すると、あらゆる意味で感じさせてください。」

トーシャ・シルバー著 「change Me Prayers」より