とはいえ、私たちの源と常につながり、悟りきった存在になることなどできないのでしょう。こうやってこの世界のなかで揺らぎ、失敗を重ねながら色々なことを学ぶのでしょうね。だからつまずいても、時にはすべてが嫌になり座り込んでも良いのです。

そのままの私、そのままのあなたで充分に愛されていることを知ってさえいれば。
リコネクティブ・ヒーリングで、最初私にもたらされたのがまさにその状態でした。体の状態は睡眠時間10時間・昼寝2時間を要し、自由に何でも食べられはしない状態だったのに、限りない安心感とはじけるような喜び、充実した毎日でした。

次のヒーリングで体が治され始めると、それは日常の下に隠れてしまったのです。今思えば、その1回目でやめておけば良かったのかも・・。そう思うくらいです。
あれほどの喜びの中に居たら体は自然に治ったでしょうし、あれほどの安心感や充実感はもうなかなか手に入らないでしょう。

今は問題を源にゆだね、もう解決されていると信頼して順次道を示される時を待つ、そのつながりによって安心感は得られます。執着を手放すこと、そして必要なものは必要なタイミングでもたらされることを信じる。そして何より、源はあり得ないところに道をつくることもできるということを忘れないこと。

これは宗教ではなく、この宇宙を存在させている源(私たちの源でもある)の在り方です。