嬉しいのは、私たちのどんな選択も取り返しのつかない間違いにはならないということですね。この世界では失敗できない、落ちこぼれになれないという不安がつきまといますが、私たちの本当の在り方は、この宇宙の一部であって人生これっきりということはないのだから。

入れ物は変わり、性別も変わり、何度も魂は機会を与えられ、そのたびにそれぞれは学びを増やして、すべてはひとつという無限の愛の在り方へ向かって歩んでいます。先をゆく者、迷う者、ゆっくり歩を進める者。どんな在り方も、どんな音色も肯定され受け入れられ、愛されて、そこへ向かって進んでいるのです。

落ちてゆくことも否定されることもない、安心のなかにあって良いのです。そのままで、あなたは良いのです。この世界では考えられない無限の愛。それこそが私たちの目指す場所であり、私たちを包んでいるものです。

永遠に足を止める者はありません。常に助けは与えられます。植物が陽に向かって伸びていくように、私たちは進みます。エゴの判断を止め、ゆだねるという在り方で、私たちに降り注ぐ陽ざしに常に気づけますように。
そこには祝福と感謝、心おどる喜びがあるのですから。