そうして愛を内に保っていると、ある時ふと気づきます。ひとから与えられるのを待つものではなく、自分が創造し、内に保つことができるものなのだと。自分は愛を保っているときに幸せなのだと。

愛でいるとき、私たちは許すことができます。よーく観察すると、その許せない点は自分の中にもある。(あるんですね)

納得できない感情や相手を抱えたまま、リコネクティブ周波数(愛)につながります。するとそれは溶けてゆき、心は軽くなっていきます。許せないと思うことを許せば許すほど自分は明るくなってゆき、自分が大好きになってゆきます。

誰かや何かを許すことは、自分自身を癒すことになるという不思議。愛は力強いエネルギーです。ばらばらであるというこの幻想の世界において、本当はすべてのものが複雑に絡み合い、一体なのです。愛を保たないということは、幻想によってそのつながりを失い、喜びを味わえず、自身を愛せないということになってしまう。

この素晴らしい宇宙を創りあげているのは、途方もなく大きな愛のエネルギー。あなたも私もその一部ですから、愛であり、神なのです。この世界での見た目がどうであれ、皆。