このところずっと変でした。急激な温度変化で、身体が対応できないのかと思っていました。暑さでぼ〜っとした頭でこの世の問題にかかずらい、答えが見いだせない為なのか・・と。よく考えると自分というまとまりを、自分にもわからない何かにかき回されていたように思います。

しょっちゅう心臓がズキッとするような不安な気持ちが起こるし、明るく笑えませんでした。ふっと思ったのです。以前悪意のある感情を送られたことがありますが、それとは違うものの、そのたぐいかもしれないと。そうしたらバラバラになっていた自分の中身が、まとまって落ち着きました。

「物事は起こりたいように起こると今は受け入れ、楽に無理せず行動する」例のトーシャ・シルバーの本ですが、この一節はぴたっとはまります。「どんな瞬間も、現れくる人生の流れに波長を合わせれば、どこかのびのび楽々と、すべてが正しい形で正しいタイミングで展開するのだ。」

そしてトーシャが勧めるように光と祝福で包みましょう。自分自身を、大切な人を、敵を、動物を、地球を。同じ苦痛を味わっている人々とつながり愛を送れば、もはや孤独な存在ではなくなり、神(宇宙)の導管となる。とっても素敵な時間の使い方。