大きな心の痛みも身体の痛みも、深いしわとなって刻まれてゆきます。痛みや辛さを経験するということは、それだけ他者を理解できるようになり、思いやりつながることができるということでもあります。この世界では、自分の経験していないことはわかりようがないからです。

けれども見えない世界の在り方から言えば、全ては私の中にあり、私は全ての中にあるのです。忘れているだけで。

リコネクティブ・ヒーリングは、その見えない世界の在り方につなげてくれるものです。リコネクティブ周波数につながるとき、私たちは本来の私たちになります。全てのものとつながっており、愛であるという。その時、一瞬で起こるべき事が起こるのです。

私たちは、次第に常にその状態にとどまりたいと願うようになります。不安や恐れから自由になり、起こることを感情を伴わない状態で受け止められるようになりたいと。出来事を批判や恐怖の感情抜きで受け止めるとき、私たちは常に楽な状態で居られるからです。

この世界の大きな変動を経験している今、それは本当に必要なことだと思われます。それぞれがそのままで良いのだと知ること、全てはひとつであると知ること、全ては愛の中にあり、見落とされているものも忘れられているものもなく、充分なのだと知っていることが。