心おどる冒険者のみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

私たちの在り方の認識を変えるときが来ているようです。過去から未来への一本道に人生が流れておりその1点に今があるのではなく、平行して存在する多くの道があり、過去も未来も「今」起こっているという認識に。

ひとには過去生も未来生もあり、全てが関わりを持って存在する。オーバーソウルは色々な形で愛を体験するために、いくつもの必要なパターンを創り出すから、魂の片割れも存在する。

こうなると目がまわりそうですね。でもその認識に立てば、孤立したひとりぼっちはいないし、自分の生き方がすべてに響いていくという喜びもあります。

どのような人として生きても、それはすべてなるものが必要と感じたために生まれてきた存在であり人生なのだから、その魂は深く深く愛されているのです。どのような存在とも同じ重さで尊重されるべきなのです。

またそれは人だけでなく、すべてのものに対して用いられるべき物差しです。そういうことを思うと、私はかなりわくわくします。

暖かい雨の降るなか、足を1本なくしたカマキリがこちらを見上げていました。彼女もまた心おどる冒険者なのでした。

いつも宇宙とともに。