光の存在であるみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

この世界にいるとき、私たちは恐れから行動するか、愛から行動するかです。ばらばらであるという意識のもとにいると、ひとと比べ、ひとを批判し、疑心暗鬼になり、ひいては頭が不安の堂々巡り。

自分が生き延びるためには、戦ったりもがいたりしなければならない。なぜならうっかり失敗してしまったから、騙されたから、解決策が見つからずどうにもならない気がするから。そうして苦しみの毎日が始まります。

「ねばならない」を捨ててみたら? 「あたまにかきのき」のあんにゃのように。楽観し無抵抗でそのままを受容する。私たちは意識ある宇宙のなかに生きており、知られていないことはないのだから、その展開に委ねて信頼して生きてみる。

そう、気づけばまた恐れのなかに落ち、「ねばならない」に追い立てられています。ただ起こることを見、受け入れて、愛と光である自分でいること。それが大切なのにね。そうだ、「ねばならない」ことなんてないわ。

軽い心でいることの方が、どれほど大切か。笑ったり音楽を楽しんだり、ゆっくりと眠ることの方がどれほど幸せか。自分をいたわり、愛し、喜びをひとと分かち合うことの方がどれほど輝けるか。

いつも宇宙とともに。