冷たい風のなか、心温まる光のみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

内側を観察するみなさまも感じていらっしゃることでしょう。自分がどんどん変化していることを。どなたもみなユニークで、独特の存在です。同じひとはいません。そして皆さま先月の自分より今月の自分、昨日の自分より今日の自分・・と、変わっていくのを感じていませんか?

つい最近まで私は時計の振り子のように、ただの人と目覚めた自分の間を行ったり来たりしていました。ただの人に戻ると、この世界での手持ちの札はあまりにもひどく、どうできるのか見当もつかないのです。目覚めた自分になると、道が開けてゆくのを感じ、ひとと喜びを共有できる幸せを味わい、大丈夫かどうかなんて考えもしない。

この頃戻ってしまうことが少なくなってきています。なぜならこれまでの、枷に動きを封じられ眠って過ごしていたような長い人生の中にも、いくつか今につながる目印があり、その時々に種は蒔かれていて、ここへ向かうための道程だったのだと思われるからです。そうであるなら、その導いてくれている存在を信じていればいい!と思えるのです。

喜びだけでなく辛さや悲しみも感じながら、その信頼の内に私として在ればいい と思えるのです。そして、すべてのことが同時に起こっている今、これまで見えなかった過去の中にも美しいもの・大切なもの・かけがえのないものがあったのを知り、人生の眺めが変わってきています。

いつも宇宙とともに。