木々の枝先を染め、桜の蕾を膨らませる光の存在であるみなさま、Twinklling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

このところ自分の変化が厳しくて、ブログを書けませんでした。前日と今日、午前と午後とでも変わるのが感じられ、まるで不安定な思春期のように浮上してきたもので心が重くなったり、新しい気づきがやってきて感動で涙ぐんだりしてしまうのです。

ローズ・インユアハートの敬子さんの、アカシック・レコードリーディング セッションを受けました。今の私に一番必要な過去生を読み出してくださいます。リーダーとして生きた男性で、守ろうとした人々を守り切れず、みな殺されたという人生が述べられました。

私のこれまでには、自分の能力を生かせるチャンスをつかめた日に大きな交通事故で死にかかり、やっと出会った二胡を希望の先生について習えることになったとたんに、また交通事故で手首を痛める。その回復途上で、自分の好きなものを食べると痛みや腫れが広がり酷くなり、自分を喜ばせることをすると更に広がり・・と、しまいにはリューマチのように指までおかしくなり始めた時期がありました。

それはみなこの過去生の心の傷が響いていたのでした。私はそう言われても記憶はありません。ただ身体の奥から強い悲しみがわき上がり、涙がとめどなく流れました。「それはあなたのせいじゃない」その言葉は、さらに涙を引き出すのでした。

そして変化の日々が始まりました。まだ続きがありますが、次回にまわします。
また、落ち着いて書いていけるようになると思いますので、どうぞまた寄ってみてくださいね。

いつも宇宙とともに。