美しい朝に降り注ぐ光のみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。
樹木の枝先から小さな若葉が吹き出し、光を浴びてきらめく美しさ。上空にツバメの群れが飛び、半月を描く翼で円を描いて舞っていました。

自分というのは意識だと感じても、今生を生きる身体はあります。身体はこの地球上に生まれ、さまざまな体験をしています。身体の方では頭が往々にして優勢になり、身体が知らせようとしていることがあっても、大抵は無視し思い込みによって動きますから、ややこしいことになり窮地に陥ったり病気になったりします。

自分が何者かに目覚め始めると、そのふたつの間の行ったり来たりが始まり、どうやって意識でいる状態を保ちながら身体の体験から学ぶのを維持し、平穏を保てるのだろうかと思い始めます。頭が走るのを止めるには、身体の感覚に意識を集中し「今・ここ」に居るようにすること。湧いてくる感情は批判や判断なしに見て味わうこと。それらを上手に書いてある本がありました。

「人生はドラマ、そのまんなかに私」安元敦子著 です。

このように助けになる本も色々出されているということは、すでに多くのひとが目覚めているということですから、とても心強いですね。沢山のひとが加われば加わるほど、手堅かった集合意識にも風穴があき、ある日一挙にほぐれる日がくる!という希望が湧きます。

宇宙の流れを信頼して生きましょう。見えない多くの存在からの援助と愛を感じます。喜びと感謝を発信し、この宇宙の起動力である愛に共鳴し、笑いましょう。

振り子のような状態で苦しいとき、リコネクティブ・ヒーリングやリコネクションは宇宙とのつながりをしっかりと保つので、とても役にたちます。あなたの状況も変わってゆきます。

いつも宇宙とともに。