風が揺らす、木々の葉に照り映える光のみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

自分の感情や気持ちの揺らぎを見ていると、どういう理由でこう停滞している?とかどうして弾んでいるんだろう?と思います。空を渡ってゆく雲のように、色々なことで変化します。

気になって繰り返し考えてしまうひとの言動や、この頃はあまりなくなりましたが嫌な感じのすることは、自分のまだ気づいていない思い込みや怒り・傷心に気づくことにつながります。

不思議なほど本当にそうなのです。頭は大したことと見なしていないので、え?と思うのですが、傷ついたのを我慢させ、怒って当然なことをただ飲み込んで我慢させて通り過ぎている自分が見えてきます。

それは統合できていない自分の部分です。長い間気づかずに我慢させ続けてきた自分に謝り、抱きしめねばなりません。それを続けるほど、これからはそうはしない強さを持った自分になっていけます。

それと、そうやって見ていると、この世界での状況がどうあれ自分の感情は自分で選ぶことができるということに気がついてきます。ただの人モードだと、外側の状況によってもたらされるものが良いことなら喜び、悪いことや大変なことなら対策に走る、不安になるなど選べない結果があります。

でも外側がどうであれ、楽しい気分でいることは可能だし、沈んだ気分になったら解決するわけでもない。となると、楽しい明るい気持ちでいる方を選ぶ になってきます。

許せないひとや怒りを覚えることがあっても、そうなったからといって解決しないでしょう? 自分にとっては怒ったり傷ついたりしているよりも、明るい気持ちでいる方がずっと楽。 それには許すことです。(自分の押し込めているものを投影しているだけで、本当のそのひとを見ることができていないのだし)

なんだかパズルのピースを合わせようと色々やってみているようで、なかなか終わりませんが、ちょっと楽しくもあります。

リコネクティブ周波数で見えない世界と再びつながり、あなたも選んで在るという生き方に参加しませんか?

いつも宇宙とともに。