様々なかたちで愛を学んでいる光のみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

私たちは源から別れ、この人生にやってきた意識ですが、生まれて数ヶ月経つうちに、まわりからの扱いに自分は弱いものであり、絶えず親の世話を受けなければ生きていけない・・と認識が変わります。

まだ目が開いたばかりの頃、その瞳の深くてまっすぐなこと! 自信と力強さと興味に満ちていて驚かされます。やがてそれはまわりからの影響で失われます。外の世界からやってくる問題に対処し、うまくやらねば嫌な思いや辛い思いをするのですから。

そうしてすっかり本来の自分を忘れ、まわりから教えられたように生きる。
けれどいろいろなことを学べば学ぶほど、本来の自分の在り方に戻りたい、戻るべきだという思いは募ります。毎日のルーティンをこなし続けている間は考えずにいられますが、身体も不具合を生じて気づきを促します。

自分がわからなくなったり、身体が不具合になったりしたとき、私たちの助けになるのは自然のものたちです。動物は心を慰めてくれます。草や木も花を咲かせて香りを贈り、風に歌って安らぎをもたらします。当たり前のこととして受けとっていますが、知るほどに、すべての存在が愛で私たちを支え励ましている、この世界の造りに驚かされます。

ひとが当たり前のこととして受け取り、勝手な判断で邪魔だと思うものを切ったり殺したりしていっても、彼らは変わることがありません。もし、私たちが気づいてその生き方を変え、どんなに小さな事も愛から行動し、対する存在に敬意を払い、嘘や偽りなく真実に生きるようになったらどうでしょう?

彼ら〔自然のものたち)はそのように生きています。それを見れば、愛は報われなくても抱けるものですね。ひとは愛が返ってこないなら、その愛は捨てる或いは諦めるものと考えますが、自分自身が愛であるとき、諦める愛などないのです。面白いですね。

リコネクティブ・ヒーリングは、あなたを本来の自分につないでくれる周波数です。

いつも宇宙とともに。