多くの存在に見守られて歩み続ける光のみなさま、Twinkling Vegaを訪れていただきありがとうございます。

空にぽこぽこと可愛い雲の並ぶ日は、気持ちの良い風のある日なのです。太陽はすべての生命に力強い恵みの光を与え、草木は風に踊っている。陽光に復活した蝉が鳴き、白い紋のある黒い蝶がかたわらへやって来ます。紅色に染まったトンボも挨拶にきました。
そう、この雲の並ぶ日は、生きているものにとって心地良い日なのです。

出た先で感じの良い方に出会い、挨拶してお話しました。ご自分が学生だった頃のこのあたりの様子や、毎日4kmもの道のりを学校へ通うため歩いていたことなど。

このあたりはどれほど豊かで美しかったことでしょう。自然は力強く、動物も虫もどれほど多く生きていたことでしょう。

帰り道、脇に生えたニラの可愛い白い花に、嬉しそうなセセリ蝶がいくつも止まったり飛んだりしていました。それを見ていたら、注がれている太陽の愛、この地球を血液のように巡り生き物すべての身体をも満たし巡る不思議な水、めぐる風(大気)、それらのなかで今、喜びに輝き生きている蝶・草・木々・私などが感じられ、ハートが急に膨らんでひらきました。

今 に在る素晴らしい時。感動がはじけて涙があふれます。

こういう日には、ただ美しいその日を楽しみましょう。

いつも宇宙とともに。