リコネクティブ・ヒーリング®
ブログ

ここを越えたい

私たちは皆それぞれに違います。環境も能力も性格も体力も・・。生まれた家庭や環境により潜在意識に足かせがついていたり、自分を愛せず人を頼ると、気づかないまま決めていたり。ハンディを持って生まれることを選ぶ人もいます。 その …

不安につまずく

フィンドホーンのことをご存じでしょうか? 北スコットランドの風吹きすさぶ砂地のキャンプ場に、神の啓示を受け、キャラバン・カーを住まいに野菜を作り始めたのが始まり。何も育つ訳がないと太鼓判を押される土地が、今や緑の木々が茂 …

元気のでそうな本

これまでも色々な本に出会い、何かにつけて行き当たりばったりにページを開いて言葉をもらうことがありますが、これはまた特別です。 「とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく」 トーシャ・シルバー著 私たちは安定や安心を求 …

意識の在り方

毎日のすることに追われていると考えは自動運転になり、ほとんど自分が何者なのかを意識せずに対処・行動しています。快・不快で反応することもしばしば。プラス、上手くやる だの得をする だのという計算。 そこへ何か問題が起こると …

帰り道はどこに

私たちは、あまりにも遠くへ来てしまった迷子の子どものようです。 刺したり咬んだりする虫のみならず、バカでかい家蜘蛛やムカデやヒルなどにはかなりの抵抗を感じます。それでもこの本に述べられているように、先住民族の人々のように …

虫に話しかける

「昆虫 この小さきものたちの声」を読み進むにつれ、これまでとはこの世界の見え方が変わってきました。たとえばアリですが、このひどい暑さのため活発に動き回り、家の中を台所といわず寝室といわず2ミリ足らずの小さなアリが入ってい …

愛が私たちの本来

エリック・パール著「リコネクション」には、エリックの誕生時に起きた不思議なこと、小さいころからあった普通(?)でないこと、またカイロプラクターをしていた彼にもたらされた不思議なヒーリング。それがどういうことなのかを知ろう …

魂は蝶のように

癒しのライブラリーでエリザベス・キューブラー・ロスの自伝が目にとまり、大いに気を引かれて一気に読みました。本によって様々な方々に出会いますが、すごい人!というのが第一番の感想です。 休みなく人を助けて働き、医師になり、始 …

色眼鏡をはずせば

虫については、害虫や毒虫として教えられている種類を私も苦手としています。けれどもJ・アレン・ブーンの本やこのジョアン・エリザベス・ロークの本を読むにつれ、大きな間違いを犯しているようだと思い始めました。 よく相手を見下し …

異形のきょうだい

虫というのはまた、今の私たちが苦手とする生き物です。人とはまったく違った形をしているためと思われます。コオロギや蝉、蛍や蝶などは良いけれど、ハエ・蚊・蜘蛛・ゴキブリその他受け入れられないと感じる昆虫は多々あります。 けれ …

« 1 2 3 4 6 »

投稿カレンダー

2020年1月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去投稿記事

このサイトについて

自らが宇宙とのつながりを取り戻したことで、本来の自分らしく、また健康に暮らせるようになりました。
 
この体験と感謝をもとに、より多くの方の人生を変えるお手伝いができればと思います。

アクセス

ヒーリングのご質問や、お問い合せ、ご依頼は
こちらのお問い合せページからお願いします。

ヒーリングセッションの時間は基本9:00~18:00、遠隔ヒーリングの場合はご相談に応じます。

まずはご連絡ください。

プロフィール

リコネクティブ・ヒーリング®
ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)

Twinkling Vega

Access Counter

  • 23790総訪問者数:
PAGETOP
Copyright © Twinkle Vega All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.